堺市北区北花田の歯医者は、さかなか歯科/一般歯科・予防歯科・小児歯科•審美歯科・インプラント・口腔外科

一般歯科 より美しく自然な歯で最高の笑顔を

審美歯科って?

歯を失ってしまった箇所に人工の歯根を埋め込んだ上で人工歯を取り付け、本来ある歯と同じ機能を取り戻す治療です。あごの骨に直接埋め込むので、自分の歯と変わらない自然な歯を入れ、噛むことができます。

こんな方におすすめです

•歯を無くしたが、もう一度自分で噛める歯を取り戻したい方
•入れ歯でストレスを感じている方
•入れ歯に抵抗がある方
•虫歯や歯周病で、歯を抜くことになってしまった方

さかなか歯科の考え方

インプラントの特徴

インプラントは、ブリッジや入れ歯などの持つデメリットがなく、より自然な歯に近い形で噛むことのできる治療方法です。

 

インプラント治療の流れ

受付
患者さまの口腔内の状態により治療法には様々な選択肢があります。基本的な口腔内の検査を行い、患者様のご要望をしっかりとヒアリングさせていただきます。
受付
カウンセリングの内容をもとに、患者様に最適な治療計画の立案を行い、治療の進め方、費用等についての説明をします。
受付
歯茎を切開して顎の骨を削りインプラントを埋め込みます。骨を削るというと大げさで怖いイメージですが、麻酔を使用しますのでほとんど痛みを感じることはありません。
受付
埋め込んたインプラントが定着するまでの期間です。 患者様ごとに異なりますが、1ヶ月半から6ヶ月ほど待つことになります。この期間中は仮歯が可能なので、日常生活には支障ありません。
受付
骨とインプラントが定着した後にインプラント体の頭の部分を露出させ、人工の歯との連結部分(アバットメント)を装着します。
受付
歯茎が治った時点で型を取り、上部構造(人工の歯)を作ります。患者様それぞれ違いますので、患者様に最適なかたちで製作して取り付けます。これでインプラント治療は完了です。
受付
  インプラント治療終了後、よりインプラントを長持ちさせるためにはケアが必須です。わたしたち歯医者さんでの定期検診によるケアと自宅でのケアをおすすめしております。 術後も患者様のお口全体の健康状態を維持できるようにサポートいたします。
 

インプラントに関するQ&A

Q.インプラントって?どうやって治療するの?
A.歯を失ってしまった箇所に人工の歯根を埋め込んだ上で人工歯を取り付け、本来ある歯と同じ機能を取り戻す治療です。
>インプラントの特徴(ブリッジ・入れ歯との違い)を見る

Q.インプラントはどれくらいで完成するの?
A.骨の状態や治療部位によって異なりますが、3から6ヶ月ほどになります。
>治療の流れを見る。 Q.手術が痛そうで怖いけど大丈夫?
A.インプラントの手術は、十分に局部麻酔を施しますから、手術中に痛みを感じることはありません。日帰り手術なので入院などの心配はいりません。また、鎮痛剤を処方しますので手術後に痛むこともほとんどありません。

Q.高額なインプランの治療費はどうやって決まるの?
A.インプラントを行うのに必要な材料の費用、検査代、手術代、治療規模により決まります。

Q.せっかくのインプラント、長持ちさせたい。どうすればいいの?
A.術後の定期的なメンテナンスにより、問題を早期発見する事がより長い健康維持に繋がります。   術後も二人三脚でより健康的な歯を維持していきましょう。

医療費控除に関して

医療費控除とは、自分自身または家族に医療費を支払った場合、確定申告の際に手続きをすると一定の金額の所得控除を受けることができます。申請には領収書が必要になりますので大切に保管して下さい。

[1] 
歯の治療は、高価な材料を使用することが多く治療代も高額になります。保険診療に限らず自費診療においても医療費控除の対象となる場合があります。一般的に支出される水準を著しく超えると認められる特殊なものは医療費控除の対象になりませんが、金やポーセレンを使った義歯の挿入などの治療は一般的なものとされ、対象になります。(詳しくはお問い合わせ下さい。)
[2] 
発育段階にある子供の成長を阻害しないようにするために行う不正咬合の歯列矯正のように、歯列矯正を受ける人の年齢や矯正の目的などから歯列矯正が必要と認められる場合の費用は、医療費控除の対象になります。 しかし同じ歯列矯正でも、審美を目的とした場合の費用は医療費控除対象になりません。
[3] 
治療のための通院費も医療費控除の対象になりますまたお子様の通院に付添いが必要な場合は、付添人の交通費も含まれます。通院費は、診察券などで通院した日を確認できるようにしておくとともに金額を記録し、タクシーなど領収書がある場合は保管して下さい。ただし、自家用車で通院したときのガソリン代や駐車場代等は、医療費控除の対象にはなりません。

[1]
治療中に年が変わるときは、それぞれの年に支払った医療費の額が、各年分の医療費控除の対象となります。
[2]
健康保険組合などから補てんされる金額がある場合には、その補てんの対象とされる医療費から差し引く必要があります。